www.wrg-fm.com
思いつきもせず急に出あってしまうのが自動車事故です。そこでどんな行動する結果によって、自動車保険料の支払金もかなり差が出る時も予想できますので正確な考え方と対策が大事です。予期せぬ場面で気が動転してしまったとしたら必要不可欠な対応を見逃してしまい、後で自分が大きな損をすることもありますので事故を起こした状況では落ち着いて以下に述べる対処するとよいかもしれません。交通事故をしてしまった場面で最も初めにするべきは怪我をした人がいるかどうかのかを確認する必要があります。事故直後は頭が混乱して呆然としてしまうケースがありすぐには対応できないのが通常です。ですので、怪我人がいたとしたら危険が少ない場所に移動して応急処置をし周囲の人に助けを呼ぶ等人命救助最優先を心掛けましょう。119番通報する時は正しい位置を連絡し、不明確な場面では辺りの目に留まったデパートや番地名を連絡し事故の地点が分かるようにします。その後に警察に連絡して事故があった事そして簡単な状況を知らせます。救急車とパトカーを待っている間に相手側の情報をチェックします。氏名、住所、TEL番ナンバープレートの番号、事故の相手側の自動車保険会社などお互いの内容を教えあいます。この時相手に原因が存在する場合には即刻やり取りしようとする状況がよくありますが事故現場で結論を出すのではなくどのケースでも警察署や自動車保険会社に通報して、平等にチェックしてもらう事が欠かせません。お互いの身元をやり取りしたら車の障害になるのを避けるために邪魔な物を道路から除去します。もし障害となった物が通りかかった人の自動車の障害物になっている場合には各々の情報を交換する以前にこの作業をしても大丈夫です。その次に自身の掛金を支払っている車の保険会社に電話をして事故が発生したことを知らせます。自動車の事故から特定時間内に保険屋さんに報告していないと交通事故の保険の適用外となる場面もありえますので気がついたら素早く連絡を入れることが必要です。可能であれば現場の様子として、デジカメや携帯電話のカメラで事故現場や車の壊れた箇所を見ることができる写真を写します。その証拠写真は過失の割合決める時にかなり重要な証拠となりますので自分自身の愛車や先方の自動車の破損状態をきちんと証拠として残しておいてください。この時に目撃者がいたとしたら警察の方や自動車保険会社の人が駆けつけるまで事故現場に待機してもらうように依頼するのも大切です。