www.wrg-fm.com
車の損害保険には、皆様も既に知っているかと考えられますが、等級と呼ばれる制度があります。正式名称としてはノンフリート等級別料率制度という名で、保険の料金にかなり大きく影響しています。等級によって、自動車損害保険への加入者の公平性を可能な限り保つことを狙いとしているので、自動車事故を起こす危険性ないしは、自動車保険を使う見込みが高いと認められるほど保険の掛け金が値上げされます。その反対に交通事故を起こす現実性がほとんどなく、自動車の保険を使用することはないだろうと認められる方は良いドライバーに相違ないと認められることで保険料金がぐっと押えられます。安全にマイカーを運転するドライバーのほうがそうでない人より優遇される決まりであるので事故を生じさせやすい運転手には不利な制度であると考えられます。等級というシステムは、優秀な利用者と事故の可能性が比較的高い利用者の月額の掛金が同じだと割増で払わされていると考える利用者が多いですし保険の提供側サイドにとっても支払い損を押えるために何が何でも欠くべからざるシステムだと断言できるのです。では、等級という枠組みがどのようなものか端的に概説いたしましょう。初めに等級は1等級より20等級まで設定されており等級が上昇するごとに掛金が安くなる機構になっていることが重要です。次に、1等級より3等級に関しては安くならず、それどころか割増になりアクシデントを発生させてしまい、クルマの保険を利用してしまうと3等級低くなってしまい、より負担が増加した車の保険を払っていくことになることを避けられません。そしてまったく新たにクルマの保険に申請する場合においては六等級から始まりとなり、その級から自分の数が減るのか増えるのかは運転者の今後次第です。そういうわけで掛金を安く抑えたいドライバーは自動車事故を発生させないように安全運転に努めていくのが効率的です。